加齢黄斑変性は、見たい部分がゆがんだり欠けたりして見えなくなる目の病気です。
特に視野の中心部分が見えなくなるために、人の顔が認識できなかったり、文字が読みにくかったり、手元や足元が見えなかったりといった障害が出ます。

加齢黄斑変性は、放置すると失明に至る可能性が高い病気です

あまり聞いたことのない病名かもしれませんが、欧米では加齢黄斑変性が視覚障害の原因の第1位となっています。
放置すると失明に至る可能性が高い病気なのです。