網膜の中心の「黄斑」という部分に異常が発生

加齢黄斑変性には、「萎縮型」と「滲出型」があります。「萎縮型」は黄斑の組織が加齢とともに萎縮することで起こりますが、進行はゆっくりで、急激な視力の低下はありません。
一方で、「滲出型」加齢黄斑変性では、脈絡膜から網膜に向かって、新生血管という正常とは違う血管が生えてきます。
この血管はもろく破れやすいため、出血したり、血液中の水分(滲出液)がもれたりしやすく、黄斑部の網膜の下にたまってしまいます。
そのため、視野の中心にあたる「見たいもの」が見えにくくなってしまいます。

<目の構造>

 

<加齢黄斑変性>                    <正常な状態>
      

 

日本では視覚障害の原因 第4位

加齢黄斑変性は欧米では視覚障害の原因第1位、日本でも第4位にあげられる、目の代表的な疾患のひとつです。

<日本の視覚障害の原因>
1 緑内障
2 糖尿病網膜症
3 網膜色素変性症
4 黄斑変性
5 網膜・脈絡膜萎縮
(網膜脈絡膜、視神経萎縮症に関する調査研究 平成23年度総括・分担研究報告書 視覚障害調査より)

加齢黄斑変性の主な症状

○ゆがんでみえる(変視症)

中心にあるものがゆがんで見えます。周辺のものは正しく見えます。

○中心部が見えにくい(中心暗点)

中心に見えない部分があります。

○ぼやけて見える(視力低下)

視力が低下します。特に、中心部がぼやけて、読むことが難しくなります。

50歳以上の約80人に一人が加齢黄斑変性に

日本では50歳以上の約1.2%(80人に1人)にみられ、年を重ねるごとに多くなります。
また、患者数も年々増える傾向にあります。
諸外国に比べ、日本人では、男性に多いことが特徴です。
これは高齢者における、男性の喫煙率が高いことが影響していると考えられます。

50歳を過ぎたら定期的に眼科検診を受ける

加齢黄斑変性は加齢によって誰でも発症する可能性のある病気です。50歳をすぎたら定期的に眼科を受診し、早期発見・早期治療を心がけましょう。