糖尿病になると、目の網膜の毛細血管が詰まったり、高血糖による末梢神経障害や代謝異常などによって、さまざまな目の合併症が起こります。
合併症の中には、初期の段階では自覚症状がほとんどないものもあり、また、末梢神経障害を起こした糖尿病患者さんでは痛みを感じない場合があるため注意が必要です。
糖尿病になったら目の病気になりやすくなる可能性があることを知っておきましょう。

<糖尿病で起こる主な目の合併症と発症率>


<糖尿病網膜症>
目の一番奥には、光を感じとって脳に伝達する網膜という組織があります。
網膜には細かい毛細血管が密集していて、血糖値が高い状態が長い間続くと、この血管が傷ついたり詰まったりすることにより、視力の低下が起こるのです。
失明のリスクも伴う深刻な病気で日本における視覚障害原因の第2位です。

<白内障>

目の中の凸レンズの役割をしている水晶体が白く濁る病気です。
血糖レベルが高いほど白内障を発症しやすく、また、糖尿病患者さんはより若くして進行していきます。

<角膜障害>

目の最も前にある透明な膜が角膜です。
糖尿病患者さんは涙の分泌が少なくなったり、角膜の表面が傷つきやすくなったりするため、角膜の炎症やドライアイなどが起こります。

<血管新生緑内障>

網膜の血管が詰まる状態が進むと、目の前の方にある虹彩という組織に新しい血管が出てきます。
このために眼圧が高くなって視野障害を引き起こすのが血管新生緑内障です。
失明に至ることもあります。

<屈折・調節異常>

血糖値は水晶体の屈折に影響しているといわれます。
そのため、血糖値が高い状態が続くと屈折・調節異常が起こり、近視や遠視が進んだり、老眼が早く出ることがあります。