ゴールデンウィーク、みなさまどのようにお過ごしですか?

車でドライブ…というかたもいらっしゃるかと思います。

そんな時に活躍してくれるのがサングラス。

まぶしさを軽減してくれるので、長距離運転の疲れを和らげるのに役立ちます。

そんなサングラスですが、普段使わないために車の中に置きっぱなし…。

なんてこともよくお聞きします。

実はこれ、サングラスにとっては良くないことなんです。

見た目にはわかりませんが、サングラスのレンズはメガネのレンズと同じようにミルフィーユのように何層にも素材が重なってできています。

中心の基材は熱で膨張しやすく、表面のコート層は傷がつきにくいように硬い素材でできているため、高温に放置されると中心部分が膨張して、表面のコート層を割ってしまうのです。お餅を焼いたときに、表面がひび割れたようになることがありますが、あんなことがレンズの表面にもおきるためです。

写真付で詳しい解説がレンズメーカーさんのホームページにありますので、ぜひ一度ご覧ください。
http://www.tokaiopt.jp/lens/advice33.php

お財布やスマホと同様にサングラスも貴重品です。
行楽地から御自宅におかえりになり、車を降りる際には、是非サングラスも車から自宅に移して大切に保管してあげてください。