子供向けメガネ

千里堂ブログ

子供の目に合ったメガネとは?親の疑問をプロが解決!知っておくべき「いいメガネ」の条件

【千里堂網走】子供の目に合ったメガネとは?親が知っておくべき「いいメガネ」の条件【プロ解説】

「どんなメガネがいいのか」「どこのメガネ屋で買ったらいいのか」「すぐに壊れてしまったらどうしよう」――初めて子供用のメガネを作ることになった親の不安や疑問は尽きません。

そこで今回は、千里堂網走店が、しばしば寄せられる子供用メガネに関する質問をまとめてお答えします!買う前に知ったおいてよかった情報をまとめているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事を読むと、本当に子供の目にあったメガネを購入でき、子供の目の健康を守るメガネについても知ることができますよ。

Q. 初めてメガネを作るときは眼科で視力測定すべき?それとも眼鏡店で測定してもってもいいのでしょうか。

Q. 初めてメガネを作るときは眼科で視力測定すべき?それとも眼鏡店で測定してもってもいいのでしょうか。

実は視力を測定する機械は眼科もメガネ屋も同じなんです。

目に何らかの疾患がある場合や、疾患の有無を確かめたい場合は、もちろん眼科で測定するべきなのですが、単純に視力検査をするというのなら、眼科でもメガネ屋でも変わりません。

その意味では、初めてメガネをつくる方は、やはり眼科で色々と検査をしてもらったほうがよいといえます。

病気があって突然視力が下がった場合は、眼科に行ったほうがいいです。

しかしメガネをつくり変える際などは、わざわざ眼科に行く必要はありません。とくに、私たち千里堂網走店は、視力測定のプロフェッショナルです。精度の高い測定で、お客さま一人ひとりの視力の状態を把握いたします。

Q. グニャグニャ曲がる「壊れにくいメガネ」は本当に子供にとっていいものなのでしょうか?

Q. グニャグニャ曲がる「壊れにくいメガネ」は本当に子供にとっていいものなのでしょうか?

子供がかけるのであれば、最低限柔軟性のあるものをオススメします。

理由として、子供は成長が著しくサイズ感が変わるので、ちょっと成長したらすぐかけられなくなるからです。
そして子供はやんちゃ盛り。メガネが壊れたとき、自分だけでなく相手も傷つけてしまう可能性があります。

小学生くらいの子供にメガネをかけさせてあげるなら、柔軟性のあるメガネを購入したほうがいいでしょう。

しかし、柔軟性のあるメガネには欠点があります。それは、「柔らか過ぎてフィッティングが難しい」という点。

フィッティングしづらいということは、せっかく作ったメガネなのに、ピタリと焦点が合わせられないという可能性があるということです。

その点については、専門家と子供の生活スタイルを相談しながら決めるといいでしょう。

Q. 子供のメガネはすぐ壊れてしまうと聞きますが、実際にそうなんでしょうか?

Q. 子供のメガネはすぐ壊れてしまうと聞きますが、実際にそうなんでしょうか?

結論からいいますと、やはり子供がメガネをかけていると壊れやすい傾向にあります。

フレームの性質によって異なりますが、メタル、プラスティック、アセテート、セルロイドが壊れやすいといわれています。

Q. スポーツをする子供にはどんなメガネがオススメですか?

Q. スポーツをする子供にはどんなメガネがオススメですか?

千里堂では「アイクラウド(EYEsCLOUD)」や「オークリー」というブランドを勧めています。野球をしている子供にもオススメです。

※千里堂琴似店ではオークリーの取り扱いはございません。

Q. 子供のメガネ屋選びでコツやポイントはありますか?

Q. 子供のメガネ屋選びでコツやポイントはありますか?

メガネ屋に行ってもすぐに眼科にいくように促す店舗は控えましょう。

メガネづくりを相談したときに、その店が子供に対してどれだけの知識・経験があるかをみたほうがいいです。

「まずは眼科の処方箋をください」「処方箋がないとメガネが作れない」という回答が返ってきたら、子供用のメガネづくりに経験があまりない可能性があります。

「片目が見えているからメガネ不要」「片方の目だけを矯正すればいい」と勧めるお店は控えましょう。

片目が見えていれば大丈夫、片目だけ矯正するようにメガネを作るよう勧めるのは、目の機能的によろしくありません。

人間の目は両目が機能しているからこそ物の立体感がわかります。片目だけでみると、ひとつの物が2つあるように見えていたりするのです。

視力が異なってもきちんと両目を見て相談にのってくれるメガネ屋を選んだ方がいいでしょう。

上記の注意点を踏まえて、店舗に伺ったときに、さりげなく定員さんに聞いてみてください。その答えが、あなたのメガネ屋選びの判断基準になるでしょう。

子供のメガネを作るなら千里堂メガネ店へ

子供のメガネを作るなら千里堂メガネ店へ

千里堂メガネ店は北海道の網走・札幌(琴似)・北見・斜里に店舗を構えるメガネ屋です。

「近くの見え方にこだわるメガネを作る」をコンセプトに、その人の生活にあったメガネを作成しています。

どうして近くの見え方にこだわるのか説明すると、人間の目は2,5m以内の近くのものをみるときに目のまわりの筋力が使われ、一番目に負担がかかります。

その負担を軽減するように作られるのが千里堂の「近くの見え方にこだわるメガネ」なのです。

さらに、千里堂は一人のお客様の問診・検査に2時間かけててメガネを作っています。

生活状況を詳しく聞いたり、詳細な見え方の検査をしたりと、普段の生活にわせたメガネを作成します。

一般的な視力を矯正するためだけのメガネだと、普段見ないようなところまで矯正して作られることがあるので、その分目に負荷がかかりますが、千里堂のメガネはそんなことはありません。

早くから子供にメガネをかけさせたくない、さらに視力が低下したらどうしようと不安に思うこともあるかもしれませんが、子供の目にも優しく作ります。

千里堂の子供メガネの特徴

1年間の保証つき、3ヶ月のアフターフォローつき

レンズ・フレーム共に保証がつき、メガネが破損しても、パーツ交換できます。

さらに、3ヶ月ずつのアフターフォローがあり、視力のチェックをしています。

子供のメガネのことなら経験豊富。

しっかりと親御さんの相談にのらせていただきます。

まとめ

今回は、初めて子供のメガネを作る親に向けて不安や疑問をまとめてプロのメガネ屋が答えました。
さらに、本当に子供と向き合ってくれるメガネ屋選びのポイントも紹介しました。

ぜひ、メガネを購入する前の参考にしてみてくださいね。

千里堂でメガネを作りたいとお考えの方は、下記からご予約をお願い致します。

【網走店】
〒093-0014 北海道網走市南4条3丁目3
TEL : 0152-44-2233
MAIL : abashiri@senrido.co.jp
HP:https://opt.senrido.co.jp

【琴似店】
〒063-0811 北海道札幌市西区琴似1条2丁目5-6 
TEL : 011-611-6952 
MAIL : kotoni@senrido.co.jp 
HP:千里堂琴似店へ 

【斜里店】
〒099-4141 北海道斜里郡斜里町字豊倉50-3 ラルズマート斜里店内
TEL : 0152-23-1070
MAIL : crear@senrido.co.jp

【北見店】
〒099-2103 北海道北見市端野町572-1 東武イーストモール店内 
TEL : 0157-56-4050
MAIL : kitami@senrido.co.jp