耳・音の話

千里堂ブログ

感音性難聴ってどんな症状?原因も含めて解説します!

 

最も一般的で、誰しもがなりうる可能性がある「感音性難聴」。

一体どんな症状で、何が原因で起こるのか、耳の仕組みと併せて詳しく解説します。

 

なぜ聞こえにくくなるの?感音性難聴ってどんな症状?

難聴には、外耳から内耳に障害を生じたことに由来する「伝音性難聴」、

内耳から中枢に障害を生じたことに由来する「感音性難聴」、

どちらの症状も併せ持つ「混合性難聴」の3種類があります。

 

感音性難聴の原因となる内耳は、かたつむりのようにぐるぐると巻いた形の「蝸牛」という器官と、バランスを司る前庭器官から構成されています。

蝸牛には有毛細胞があり、外から入ってきた音を電気信号に変換し、神経や脳に伝達することが役目です。有毛細胞は位置によってキャッチする音の高さが異なっており、蝸牛の入り口の有毛細胞が最も高い音を、奥の有毛細胞が最も低い音を担当しています。そして、入り口ほどダメージを受けやすいため、感音性難聴でまず聞こえにくくなるのは、高い音ということになります。

日本語は「子音+母音」という音の構成になっており、母音より子音の方が音が高くなっています。そのため、感音性難聴を発症すると、極端な例ですが「banana(バナナ)」が「aaa(アアア)」と聞こえてしまうこともあり得ます。

音の情報が欠けることによって、音がぼやけたり聞き取りにくくなったりといった症状が現れるのが感音性難聴の特徴です。

 

予防ってできるの?感音性難聴の原因をチェック

感音性難聴の原因は、大きく分けて先天的な原因と後天的な原因の2つです。

 

先天的な原因は、遺伝や胎児期における母体のウイルス感染などが挙げられます。

後天的な原因としては、髄膜炎やメニエール病といった病気のほか、加齢や外傷、聴神経にできる腫瘍、騒音性難聴などが考えられます。

 

予防できるとすれば、大きな音で有毛細胞が傷付いて起こる騒音性難聴です。
騒音性難聴は、コンサート会場や工事現場で大きな音を聞くこと以外でも発症します。

ヘッドホン難聴ともイヤホン難聴とも呼ばれ、ヘッドホンやイヤホンで大きな音を聞き続けることが原因です。ヘッドホン難聴は自覚しにくいため、特に注意が必要です。

また、感音性難聴のひとつである低音障害型感音難聴の場合は、睡眠不足やストレスが原因と考えられており、疲れを溜めないようにすることで予防できる可能性があります。

もし感音性難聴を発症してしまっても、早期に治療することで悪化を防ぐことが可能です。適切な処置を行うことで聴力が回復する可能性もあるため、耳や聞こえ方に違和感を覚えたら早めに医療機関を受診しましょう。

 

千里堂本店では専門のスタッフがお客様の「聞こえ」の状態に合わせたタイプの補聴器をお選びし、フィッティングを行っています。

最近聞こえにくいな、と思ったらぜひ、お気軽にご相談ください!

 

【関連記事】

世界で11億人がヘッドホン難聴のリスク?!その原因と症状を徹底解説!

その片頭痛、眼の見え方に原因があるかもしれません!

意外な原因!その背中の痛み、眼の見え方に原因があるかもしれません!