ビジョントレーニング

千里堂ブログ

パイロットになるためには一定の視力が必要?視力を上げるための3つの方法

パイロットになるためには、当然 航空機を操縦するための資格が必要となります。この資格は、車の運転免許同様に一定以上の視力が必要となっています。

今回は、どのくらいの視力が必要となるかや、視力改善のためにどうしたら良いかなどをご紹介いたします。

 

パイロットはなぜ一定の視力が必要なのか、眼鏡ではダメなのか

パイロットは空を飛ぶために健康な身体であるという証拠を、国に指定された機関で指定された検査を行い、証明する必要があります。

車の免許でも視力検査があるように、パイロットになるための身体検査の項目にも、視力検査がふくまれており、一定以上の視力が必要となります。

パイロットになるための視力検査は、これまでメガネやコンタクトレンズなどを使用した矯正視力は認められていなかったのですが、規制の緩和により、矯正視力でも資格の取得が可能となりました。

 

例えば、大勢のお客様を運ぶような航空機のパイロットに必要な「第1種航空身体検査証明書」では、

次のイ又はロに該当すること。ただし、ロの基準については、航空業務を行うに当たり、常用眼鏡(航空業務を行うに当たり常用する矯正眼鏡をいう。)を使用し、かつ、予備の眼鏡を携帯することを航空身体検査証明に付す条件とする者に限る。

イ)各眼が裸眼で0.7以上及び両眼で1.0以上の遠見視力を有すること。

ロ)各眼について、各レンズの屈折度が(±)8ジオプトリーを超えない範囲の常用眼鏡により0.7以上、かつ、両眼で1.0以上に矯正することができること。

引用:一般財団法人 航空医学研究センター

と、法律で定められています。

 

また、このパイロットに必要な身体検査では、単純な視力だけでなく「視野」「眼球運動」など様々な眼の働きが検査されます。

 

視力を上げるための方法・日頃気をつけたいこと

パイロットになるためには、様々な眼の機能が検査されることをご説明いたしましたが、
自宅でこういった視力機能を上げる練習がしたいと思いませんか?

 

眼を動かす筋肉を動かすことによって、眼の筋肉を鍛えることで、視力の回復に繋がります。


本格的に視力向上のためのトレーニング行う場合は、ビジョントレーニングを行うことができる施設や視覚機能の専門家であるオプトメトリストを訪ねる必要がありますが、日常的にご自身でできるトレーニングもあります。
また、日頃ちょっと気をつけることで視力の改善に繋がることがありますので、ご紹介いたします。

方法1:ビジョントレーニングの動画や画像を見る

下記のような動画を見るだけという簡単なものです。動画内で、どのように画面をみるのかの指示がありますので、指示にしたがって視聴することで、意識して眼の筋肉を動かすことで動体視力の向上など視覚機能向上に役立ちます。

 

自宅でできるビジョントレーニングについては、下記の記事でも詳しくご紹介しておりますので、合わせてチェックしてみてください。

【動画あり】お家でできる簡単ビジョントレーニング5選

 

方法2:眼を使う姿勢や時間に気をつける

「そんな近くで本読んでいたら眼が悪くなるよ」などと言われたり、聞いたりしたことはありませんか?
昨今ではスマートフォンなどの普及により、近くで長時間ものを見る時間が増えているかと思いますが、同じどころをずっと見ていると、眼の筋肉があまり動かず、
肩こりのように目を動かす筋肉も凝りによって働きがにぶくなっていしまいます。

方法1で紹介したビジョントレーニングとあわせて、眼を意識的に休ませて上げることも大切です。

スマートフォンを見る時間の上限を決めたり、見る時の姿勢を近づき過ぎないようにするなど、気をつけましょう。

方法3:眼の健康に役立つ食べ物を摂る

ビタミンAやビタミンB2、B2など食べ物に含まれる、視力や視機能の向上に役立つ栄養素があります。
全ては紹介できませんが、一部をご紹介いたします。

 

眼精疲労の回復に役立つといわれる食べ物
鮭、蟹、海老、ブルーベリーなど

眼の細胞や網膜の新陳代謝を高めるといわれる食べ物
うなぎ、人参、シソなど

眼の細胞再生を促すといわれる食べ物
うなぎ、鰯、鯖、アーモンドなど


青魚や色の濃い野菜などが多く、どちらかというと和食に使われる食材が多いように感じます。
バランスよくこれらの食べ物を摂っていきたいですね。

 

その他:眼の日焼け対策

肌同様、眼も紫外線によって日焼けなどのダメージを受けています。
紫外線ダメージの蓄積により、視力低下を引き起こすこともありますので、UVカットサングラスなどで、紫外線対策をしましょう。

 

千里堂が考える視力改善

千里堂では、眼鏡の販売だけでなく、「見る力」の向上を考えたトレーニングも行なっており、皆様の用途にあった視環境をご提案していおります。

ビジョントレーニングのための機械や、動体視力トレーニングメガネなどの専用機器を用意し、それぞれが必要とする能力に応じて、効果的なトレーニングをビジョントレーニング専門スタッフが提案・指導しております。

 

視力でお悩みがある方、ビジョントレーニングを受けたい方は、まずはお気軽にお問い合わせください。