スポーツビジョントレーニング

千里堂ブログ

ボクシングWBAミドル級世界王者村田諒太選手も実践!ビジョントレーニングの効果とは?

ビジョントレーニングは「見る力」をアップさせる訓練です。

スポーツシーンでのパフォーマンスを向上させる効果があり、近年日本国内のプロスポーツ選手にも注目されているトレーニングです。

ボクシングにおいて、ビジョントレーニングはどのような効果を発揮するのでしょうか。

ビジョントレーニングとは?

ビジョントレーニングとは、動体視力や立体視能力、焦点を合わせる機能、両目の協調機能など、目を動かすための筋肉や視覚能力を向上させるアメリカ発祥のトレーニングです。

アメリカでは長い歴史があり、視覚に障害がある人のリハビリテーションや子供の学習障害改善、スポーツ選手のトレーニングの一貫として幅広く取り入れられてきました。

それまで日本では一般的にあまり浸透していませんでしたが、ボクシング・ミドル級金メダリスト・WBA世界ミドル級チャンピオンの村田諒太選手がビジョントレーニングを導入し、一躍注目を集めました。

村田選手がビジョントレーニングを始めたきっかけは、同じくボクシング選手である元WBA世界スーパーフライ級チャンピオン飯田覚士選手の勧めを受けたからとのこと。

現在は自身のYouTubeチャンネルなどで、実際に行っているビジョントレーニングの方法やその効果を解説し、ボクシングをしていない人にもビジョントレーニングを行って欲しいと勧めています。

ビジョントレーニングを習慣化することにより、目のトレーニング+メディテーション(瞑想)効果が期待できるとのことです。

ボクシングにおけるビジョントレーニングの効果とは?

村田選手は米国オプトメトリスト、日本におけるビジョントレーニングの第一人者である、北出勝也先生の指導を受けました。

オプトメトリストとは、目の見え方をサポートするビジョンケアのスペシャリストです。

日本ではまだ公的な資格ではありませんが、アメリカなど世界数十カ国の先進国では、医師に匹敵する国家資格として広く認識されています。

北出先生の指導のもとでビジョントレーニングを行なった村田選手は、その効果を体現しボクシングのトレーニングとして現在も続けているそうです。

ボクシングに必要な「見る力」を鍛える

ボクシングは、優れたフィジカルや運動能力が必要なスポーツです。また、筋力や技術力、強い精神力に合わせてさまざまな見る力が必要となります。

・動体視力(動くモノを見る力)

・瞬間視(素早く目標を見る力)

・周辺視(周辺を広く見る力)

・眼球運動(眼球を動かし目標を見る力)

・眼と手の協応(見たものに素早く反応する力)

ボクシングを含め、さまざまなスポーツでは「目で見て、判断し、動く」という一連の動作がとても重要となり、ビジョントレーニングは、一連の動作のスタート「目で見る」部分を鍛えていきます。

動体視力や瞬間視などスポーツに必要な見る力をスポーツビジョンと呼びます。

スポーツビジョントレーニングは、見る力に合わせて集中力や判断力の向上を期待でき、ボクシングのパフォーマンス能力をアップさせます。

 千里堂でビジョントレーニングを試してみませんか?

スポーツに不可欠な 「見る力」は、ビジョントレーニングによって鍛えることができます!

ビジョントレーニングは動画や本から手軽に始めることもできますが、本格的にパフォーマンスを向上させたい場合は、ビジョントレーナーによる正しい指導を受けることをおすすめします。

千里堂メガネは「もっと良いプレーを出来るようになりたい」「今よりも上手くなりたい!」というスポーツ選手の皆様をサポート致します。

もしご興味をお持ちの方がいらっしゃいましたら、お気軽にご相談ください。

【関連記事】

野球選手も活用するバッティング上達のトレーニング!? キーワードは「見る力」

スマホでビジョントレーニングができる?その方法とおすすめアプリをご紹介!

ケアレスミスが無くなる裏技!今すぐビジョントレーニングを始めよう!