子供向けメガネ

千里堂ブログ

子供の視力低下を心配したら知るべき予防法とメガネの事!自宅でできるセルフチェックも紹介

子供の視力低下を心配したら知るべき予防法とメガネの事!自宅でできるセルフチェックも紹介

デジタル機器の急速な普及により子供の視力低下を心配する親は多いのではないでしょうか?

子供の視力は7歳頃で完成すると言われ、子供の頃からのアイケアがその後の視力にも大きく影響するのです。

子供の視力を守りたいのならば、まずは保護者が子供の目について正しい知識を身に付け、適切な対応に努めることが大切です。

今回は、子供の視力低下に悩む保護者に向けて、子供の視力の基礎知識や予防法など紹介します。

子供の視力は年齢によって変化する

子供といえど、子供の年齢によって視力は変わってくるので、下記の図を参考にご自身の子供と比較してみてください。

子供の視力は年齢によって変化する
引用画像:さこう眼科

人間の眼は、生まれて目を開けた瞬間からモノを見ることで成長していきます。

生後1~4ヶ月でモノの形や色が見える ようになり、1歳で立体感や遠近感も備わります。

このような視力の発達を経て、6・7歳で ほぼ眼の機能が完成します。

家庭でもできる子供の視力チェック

ご家庭で子供に以下の様子がみられたら早めに専門家を頼りましょう。

  • 注意してもテレビや本に近づいて見る  
  • 顔を傾けて見る     
  • 遠くを見る時目を細めて見る     
  • まぶしがる       
  • 集中力がなく飽きっぽい       
  • 黒目の位置がおかしい  
  • 片目をつむって物を見る 
  • 目をよくこする
  • 顎をあげて物を見る
  • 上目遣いで物を見る

子供の視力低下の原因と予防法

子供の視力低下の原因と予防法

近年では、スマートフォン、タブレット、パソコン、ゲームなどのデジタル機器の普及で眼を使う機会が増えてきており、子供の視力低下を加速させています。

さらには、教育現場でのタブレット導入により、ますます子供への目の負担は増えています。

文部科学省のよる全国の5〜17歳の発育・健康状態の調査では、裸眼視力1.0未満の

視力低下は年々増加傾向にあると示されています。

子供の視力低下の予防法としては、自宅ではデジタル機器の使用時間を限定し、定期的な視力チェックを受ける事も必要です。

さらに、必要に応じて視力矯正器具の導入も視野に入れておきましょう。

メガネを作る際は、子供のメガネを作ることに経験豊富なメガネ屋に相談することも保護者として大事なこと。

初めて子供にメガネを作る方はこちらの記事を読んでおくことをオススメします。

まとめ

子供の視力低下に悩む保護者向けに、子供の視力の基礎について説明しました。

子供の視力は、年齢ごとで発達し変化している、さらには近年のデジタル機器の導入により全国でも視力は低下傾向にあります。

目を酷使する時は時間を制限する、定期的な視力のチェック、さらにはメガネの導入も視野に入れた方がいいでしょう。

千里堂網走店は、近くの見え方にこだわったメガネを作ります。

人間の目は一番近くの物を見る時に酷使されます。その負担を軽減するよう作成するので、子供の目にも優しく作られます。

子供のメガネの購入を検討している方は、下記より気軽にお問い合わせください。